2011/2/2 水曜日

~「ハリゲン諸島の嵐の絵」で気付く4つの気質・カラー~

Filed under: ぬり絵アートセラピー — エルシャロム @ 22:34:32

   人生生きてると 気が合う人  合わない人がいますね

 そんな人間関係の中で人は傷つき傷つけ悩み ですがまた人によって

 高め合え 救われたりもします 誰にとっても欠かせない人とのお付き合い

でも  なぜ気が合う人と合わない人がいるのでしょう?

       私達の性格は千差万別  百人十色

人間は「4つの気質から出来ている」 とシュタイナー教育は示唆します

怒りっぽい「胆汁質」 朗らかな「多血質」 のんびりした「粘液質」

きまじめな「憂鬱質」 そんな4つの液体の流れが人間にはある!

と唱えたのが古代ギリシャのヒポクラテスさん。

そしてギリシャ思想ではエムペドクレスが火・水・空気・土を元素と考えた「四元素説」

を提唱された様ですが、連動するカラーはレッド・イエロー・ブルー・グリーン

今回のアートセラピーでは 自分が4つの気質タイプのいずれに当たるかを

探索してみました  テーマは 「ハリゲン諸島の嵐の絵」

最初に「ハリゲン諸島(実在)の嵐」の様子を話し、イメージ画像を作成して頂きます

       img_4081.JPG

      いきなり書き出しから違う ご受講生の皆さま

出来た~~  と 完成図♫  ↓

   img_4082.JPG

  ↑ 何処か愉快♪な空気ー多血質も混ざった荒々しいイメージの

    火ー胆汁質タイプさん? ジクザグ波も特徴

   img_4084.JPG

 ↑ 綺麗、爽やかー 「嵐の絵」と言いましたよね~?(笑)

  穏やかゆったりな水ー粘液質タイプさん 一定リズムも特徴

   img_4087.JPG

 ↑角ばった波が目の前に迫り、恐れ心配する人々を

  描いた土ー憂鬱質タイプさん? 安定した家屋も特徴

見事に自己が現れる描画に 驚きと笑いの参加者さん達でしたが

単にこれは「分析」ではなく、特に色濃く出ている側面はあっても、

人は「4つの気質」を合わせ持っているから 「喜怒哀楽」の感情が

出てきて「同じ人間がこの世に一人といいない」 と言う事を教えてくれる

ワークなのです

気質が混ざり合う割合がみんな違う、違うのが「個性」 なのですね

そうすると 腹が立ってる自分のことも 腹が立つ相手のことも 少ーし

許せる事もできるし、楽になりませんか?

     それが自己認識や他己理解・・・

次は夢(寝てる時に見る夢)を描いての「夢分析」ワークを

楽しみたく思います(*^。^*)  ご参加希望の方はご連絡くださいね。

コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URL

コメントをどうぞ

HTML convert time: 0.103 sec. Powered by WordPress ME